山形県の郷土料理の冷たい肉そば!県民が教える簡単で美味しい作り方&レシピ

山形県民が教える簡単で美味しい山形の冷たい肉そばの作り方

今回は、山形の河北町の郷土料理、「冷たい肉そば(つったい肉そば)」を作ってみました。
親鳥のもも肉から出る出汁が超絶濃厚で、一度食べたら病みつきになるでござるよ。
本家では氷は入れませんが、氷を入れることでキンキンに冷えて美味しいでござる。

▼目次
0:00 オープニング
0:27 食材紹介
3:34 盛り付け
4:02 実食

▼材料(2~3人前)
・そば(乾麺):人数分
・もも肉(親鳥):350g(2枚)
※必ず、親鳥を使用してください。
・ねぎ:1本
・めんつゆ(3倍濃縮):150cc
鰹節が効いためんつゆにすべし
・水:600cc
・みりん:大さじ2
・味の素:小さじ1/2

▼作り方
1.親鶏を下茹でする
沸騰したお湯に親鳥を入れます。
表面の色が変わり、灰汁がでたらお湯から取り出します。茹で汁は捨てて構いません。

2.そばつゆを作る
きれいな鍋に水、麺つゆ、みりんを入れて火にかけ、沸騰してきたら下茹で済みの親鳥を投入し、味の素を入れます。
弱火で10分間加熱します。灰汁はこまめに取り除いてください。

3.そばつゆの粗熱を取る
保存容器に親鳥とそばつゆを移し、一晩冷蔵庫で冷やします。
そばつゆと親鳥を一晩じっくり冷やすことでさらに鶏の旨味が出ます!

4.翌日、そばを茹でる
たっぷりのお湯で人数分のそばを時間通りに茹でます。
そばを茹でている間にネギを切ります。
続いて親鳥も薄く切っておきましょう。
茹で上がったそばは水でよく洗います。
水洗いの最中に氷も投入してさらに冷やします。

5.盛り付ける
器にそばを盛り、そばダレを注ぎます。
薄く切った親鳥を並べてネギを乗せます。
本家では入れないのですが、キンキンに冷えた状態でいただきたいので空いたスペースに氷を入れて完成です!

▼画像付きでレシピを解説(かっつ飯ブログ)
https://katsu-food.com/katsufood/localcuisine/tsumetai-niku-soba/

▼いつも使用している調理器具等はこちら↓
・ヒノキのまな板 https://amzn.to/2N4Z78k
・霞(KASUMI) チタニウム 剣型包丁 20cm https://amzn.to/2Y8Wrgd
・寸胴鍋 24cm ステンレス ガラス蓋付 IH対応 https://amzn.to/2Ccdwxe
・ラーメン器 https://amzn.to/2N4TyqB

▼Instagram
https://www.instagram.com/katsu_food

▼かっつ飯ブログ
https://katsu-food.com/

#冷たい肉そば #河北町 #レシピ

タイトルとURLをコピーしました