絶品トマトの冷製パスタの冬でも美味しい作り方&レシピ

絶品トマトの冷製パスタの作り方 パスタレシピ 料理の基本

これ以上美味しい冷製パスタって作れるの?
ってくらい簡単で美味しいレシピです。
これからの時期にぴったりなので是非作ってみてください。

材料 2人前くらい
フェデリーニ 120g
ミニトマト 200gくらい
無塩トマトジュース 100ml
塩 1〜1.4g(1gだと人によっては薄いかも、、、)
オリーブオイル 30ml(仕上げにお好みで5〜10mlくらい)
砂糖 1〜2g
濃縮タイプのめんつゆ 10ml(小さじ2)
にんにくすりおろし 4〜5分の1かけ
パルメザンor粉チーズ 5〜10gあれば
バジルはあれば入れた方が美味しい
(お好みでタバスコ、白胡椒、赤ワインビネガーを入れても良きです)

トマトの選び方と使うトマトの種類について
このレシピではミニトマトを使っています。
ミニトマトは年中味が安定していて使い勝手いいです。

選ぶポイントは
色づきが良く、実がしまったもの。
しなびているもの、ヘタが乾燥している、黒ずんでいるものは
鮮度が良くないので避けるべきです。

フルーツトマトと言われる高糖度トマトを使っても美味しいですが
味にムラがあり、これからの時期(6、7、8月)は暑くなると
トマトの味が落ちるので美味しいトマトが手に入れば使ってください。
※フルーツトマトは桃太郎という普通のトマトの品種に肥料や水を少なくして
糖度を上げて作られたトマトの事を言います。

またトマトだけでは味が安定しないのでトマトジュースで濃さを補っています。

また最初に塩から入れるのはトマトに味をつけたいためです。
トマト、塩、オリーブオイル、トマトジュースの順番に入れることで
ミニトマトから離水させ味を少しでも濃縮させたいのです。

醤油のような味が入る方が味に奥行きが出て美味しいのでめんつゆを少し入れています。
めんつゆを入れないで塩だけで作る場合
トマトとトマトジュースの分量の0.9%くらいの塩分量が美味しいと思います。

またパスタはカペッリーニかフェデリーニの細めのパスタを使ってください。
冷水締めると硬くなるので表示時間より気持ち長めで茹でます。
茹でる時の塩分量は2〜2.3%の塩辛いお湯で茹でてください。
水にさらして冷やすので、これくらい濃くてもちょうど良くなります。
(この時水に長時間つけるとパスタの塩味が薄くなるので手早くです)

氷水でしっかり冷やしたら、布巾やペーパーでしっかり水気を拭き取ってください。
ここで水分が残っているとソースが薄くなって美味しくなくなります。

動画で使っている調味料です。
少し高価なものもありますが参考程度に載せておきます。
IMORI EXVオリーブオイルラウデミオ 高いけど程よい青臭さがあってこういう料理には抜群いい
https://amzn.to/2XYztqJ
アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル味が安定していてどんな料理にも使えるタイプ
https://amzn.to/2zvZTbo
鎌田醤油 うどんつゆ めんつゆではこれが一番気にいっている
https://amzn.to/2Rz3Dyp
Microplane チーズおろし 正規品
https://amzn.to/2yfJjeA
ル・クルーゼ ホーロー鍋 ロンド 18 cm
https://amzn.to/2VpJa0f

#トマト#冷製パスタ#パスタ#料理

タイトルとURLをコピーしました